スイングプレーンとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スイングプレーンとは

スイングプレーンとは、スイングをした際にシャフトの軌跡が作る平面のことです。アドレスをした時に、肩からクラブヘッドにかけて一枚の板があると想像して下さい。この板=面が理想のスイングプレーンです。

理想のスイングプレーン上にクラブヘッドがあることを「オンプレーン」といいます。ある程度スイングプレーンから外れていても問題はありませんが、出来るだけスイングプレーンをなぞるようにショットすることで、フェースの向きを安定させることが出来、ターゲットに対してまっすぐ飛ばすことが出来ます。

下の写真をご覧ください。ボールと肩を結んだライン(スイングプレーン)とアドレス時のシャフトのライン(下写真では黄色)の間(ピンク色の範囲)をクラブヘッドが通るようにスイングするのが理想です。なお、スイングプレーンを自分でチェックするのは難しいので、他の人に見てもらうかカメラで撮影するなどしてチェックしましょう。

swing-plane1

【趣味のゴルフ】スイングの基本はオンプレーン(スイングプレーン)


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中