テキサスウェッジとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

テキサスウェッジとは

テキサスウェッジとは、グリーンの外からパターを使ってアプローチすることをいいます。これはテキサス州出身のプロゴルファーであるベン・ホーガンが広めた言葉です。

かつて、アメリカ・テキサス州のゴルフ場は、フェアウェイがとても乾燥していて、芝が少なく地面が硬いのが特徴で、グリーンとその周辺は、転がりにあまり違いがありませんでした。そのため、ウェッジよりもリスクの少ないパターで打つことが一般的に好まれていました。

お知らせ |山王台ゴルフセンター

現在のテキサス州のゴルフ場はコンディションがよくなっており、あまりテキサスウェッジは見られませんが、全英オープンのリンクスコースなどでは、プロがテキサスウェッジをしている場面を見ることが出来ます。リンクスは海沿いで風が強いので、パターで転がすのが最も安全だという判断からのようです。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中