ツームストーンとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ツームストーンとは

ツームストーン(Tomb Stone)とは、競技方法のひとつです。日本語では「墓石」という意味になります。

そのコースのパーに自分のハンディキャップ(HDCP)を足した数を「持ちストローク」として、プレーをスタートします。例えば、パー72のホールでハンデ18の人がプレーする場合は、その人の持ちストロークは90です。そして、その持ちストローク数で、どこまでプレーできるかを競うのが「ツームストーン」です。

持ちストローク数がなくなった時点で、その場所に自分の名前を書いた旗を立てます。先ほどの例であれば、90打目を打ち終えた時点で旗を立てます。この旗をスタート地点から最も遠くに立てられた人が優勝となります。この旗が墓石に例えられ「ツームストーン」と呼ばれています。

また、この方式だと18ホールを終えても持ちストロークがなくならない場合もありますが、このような場合はもう一度1番ホールまで戻ってプレーしたり、18ホールを終えた時点での持ちストローク数で順位をつけます。もしくは、パー(72)にHDCPを足すのではなく、あらかじめ決められた値(60など)にHDCPを足したり、あるいはHDCPの2/3にパーを足すなどして持ちストローク数を決めることもあります。

なお、プレー終了の合図に旗を使うことから、「フラッグス(Flags)」、「フラッグコンペティション(Flag Competition)」、「フラッグトーナメント(Flag Tournament)」と呼ぶこともあります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中