ゴルフで90切りを目指す方法。練習のコツをつかみ目標を達成しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

ゴルフのスコアが安定して100を切っているものの、90切りという目標が達成できないという方。

90切りを目指すには練習のコツをつかむことが大切です。

90切りの壁を越えられるように、どのような練習方法をすればいいのかを知り、実践してみましょう。

目次

1. ゴルフのスコアで90切りを目指す練習方法
1.1.空いた時間でイメージトレーニングを行う
1.2. パターを上達するための練習を繰り返す
1.3. アプローチの振り幅を統一する
1.4. 体幹トレーニングを実践する
1.5. スイングは動画を撮りながら修正していく

2. ゴルフで90を切るためのコツやポイント
2.1. 練習量を増やし課題を見つけて取り組む
2.2. 自分のラウンド記録を残す
2.3. コース攻略の考え方を知る
2.4. ドライバーはあえて使わないクラブセッティング
2.5. アイアンは飛距離性能で選ぶ

3. 90切りしたい人におすすめのゴルフスクール
3.1. ゴルフパフォーマンス
3.2. ライザップゴルフ
3.3. ゴルフテック
3.4. ツーサムゴルフスタジオ

4. まとめ

1. ゴルフのスコアで90切りを目指す練習方法

1.1 空いた時間でイメージトレーニングを行う

img-tre

ゴルフは考えるスポーツです。スコアで90切りを目指すために練習したいけれど、なかなか練習場に行けないときは、通勤中などの空いた時間でイメージトレーニングを行いましょう。

ゴルフに限らず、どんなスポーツであってもイメージトレーニングは大切だといわれています。

特に、明日が本番だというのであれば、睡眠前などの時間を利用して必ずイメージトレーニングを行ったほうがよいです。

イメージトレーニングのやり方

自分の知っているコースを想定し、1ホール目からコースの景観を思い出して一打ずつ頭の中で丁寧に打ちながらラウンドします。

前回のスコアカードを見て復習をし、「前回この番手を使ってミスをしたから、今度はこっちで試してみよう」などと考えながら行うとよいです。

仮想ラウンドで上手くいったことを何度も想起していると、ポジティブマインドになるので、これまで苦手だったホールも得意だと感じられるようになります。

ゴルフ感も養われるので、月1回ほどのラウンドでも好結果が出やすくなるのです。イメージトレーニングに慣れてくると、5分ほどで18ホールは回れるようになってきます。

また、90切りできない人の多くが、目標(飛行線)に対して、平行(スクエア)に立っていないので、飛行線に対してスクエアに立てるようにイメージさせるのも上達するコツです。

飛行線に対してスクエアに立っていないことで、ボールが曲がったりOBゾーンに飛んでいったりするのですが、その原因をスイングだと勘違いしてなかなか上達しないというケースがよくあります。

ティショット、セカンドショット、アプローチショットも、正しいスタンスを取るようにイメージトレーニングをしてみましょう。

1.2 パターを上達するための練習を繰り返す

abata 藤田マットU-2.3

⇒⇒藤田マットU-2.3をアマゾンで見る

スコア90を切るには、パット数を減らすためにパターを上達するための練習を繰り返す必要があります。

パッティングは1ラウンドで34パットを目指すと良いでしょう。

基本的には「2パット、ハーフで2回1パット、3パットを1回」にできるのが理想です。

短いパットの精度も上げられるように練習をしましょう。

パターの練習は自宅でできるゴルフのトレーニングの1つ。

最近では傾斜がつけられるものもあり、実践向きのパターマットもあります。

パットの練習をやらずにスコアを大きく縮めるのは難しいので、必ずパッティングの練習をパターマットで行い、パッティングの技術を高めていきましょう。

パターの練習を続けていると、どれくらいの位置ならワンパットで狙えるのかという感覚が磨かれていきます。

1.3 アプローチの振り幅を統一する

aptre

練習場では、ドライバーやアイアンのフルショットばかりをやっているという方をよく見かけますが、90切りを目指すレベルのゴルファーなら、アプローチを積極的に練習していくことが大切。

アプローチの練習はスコアアップに直結するとともに、相乗効果でフルショットもよくなってくるので効率がよいです。

アプローチの練習で考えることは、振り幅に対して明確な距離の基準を持つこと。

距離を調整するには振り幅を細かく調整して行うのですが、それが難しいのであれば、振り幅を統一して距離に合わせてクラブを選ぶか、グリップを短くして距離を調整するという方法を選択したほうが簡単です。

ボールがある状況を理解し、カップから逆算してボールの高さや落とす場所をイメージしたら、実際にそこに落とす。という流れでアプローチの練習をしましょう。

打ち方がうまくいかなければ、リズム、軸、バランスのいずれかが乱れているということです。

どこに落とすかをしっかりとイメージしながら振り幅を統一する練習を繰り返すことが、リズム、軸、バランスを整えることにもつながります。

1.4 体幹トレーニングを実践する

planktre

出典 |Smartlog 内腹斜筋の鍛え方

飛距離アップやスコアアップを目指すなら、体幹を安定させることが重要。

体幹がしっかりしているとショットが安定するので、飛距離をアップさせることができますし、ケガや腰痛を予防する効果も期待できます。

それらの効果を高めるために、体感トレーニングとストレッチを同時に行えるトレーニングをするとよいでしょう。

体幹トレーニングで重要視するポイントは、腹筋と腹斜筋を鍛えるということ。

ゴルフのスタイルならではの前傾姿勢をキープするためには腹筋と腹斜筋を鍛えることが大切だからです。

もう1つ、股関節を強化する体幹トレーニングも取り入れましょう。バックスイングとダウンスイングをするのに必要な筋肉は、両脚の内側と外側の筋肉。

飛距離をアップさせるためには、下半身を強化することが重要なポイントになります。

1.5 スイングは動画を撮りながら修正していく

f1

出典 | SPORT INNOVATORS

上達するためには問題点を見つけることがポイント。

自分のスイングを動画で撮り、修正点を見つけましょう。

正面から撮影する場合は、アングルは真正面でいいのですが、高さは「グリップ位置〜おへそ辺りまで」にすると動きが見やすく修正点を見つけやすいです。

後方から撮影する場合も高さは同じですが、アングルは真後ろではなく、ボールとスタンスの真ん中くらいの位置にセットしましょう。

また、スイングの動画をチェックする際には、スイングの途中の動きばかりを見ているようではあまり意味がありません。

アドレス、トップ、フィニッシュの3つに焦点を絞り、自分のスイングの癖や欠点を知り、修正点を見つけ出しましょう。

ゴルフにはスイングのフォームが特に大切なので、動画撮影で自分のフォームをチェックすることをトレーニングメニューに取り入れてみてください。

2. ゴルフで90を切るためのコツやポイント

2.1 練習量を増やし課題を見つけて取り組む

planktre

練習量を増やすとスイングが安定します。

しかし、ある程度スイングが固まってくると、練習量を増やしてもスコアが変わらなくなってくるものです。

次のレベルに進むためには、練習の課題を見つけて取り組むことが大切。

「その日の課題を書き込んでからラウンドをする」「ラウンド中にミスしたショットを記録する」「ラウンドの後にスコアダウンにつながったミスを分析する」などして課題を見つけ、その課題を克服できるように練習をすれば、次のラウンドではミスする回数が減ります。

ラウンド間隔や練習期間も上達するためには大切なポイント。



上達を早めたいなら週2回以上練習することをおすすめします。

人間の体は覚えたことを3日ぐらいで忘れてしまうといわれているので、体が覚えているうちに次の練習をしたほうが覚えが早くなるということです。

練習は週2回で、ラウンドは週1回のペースが守れたのであれば、スコア90切りを維持することも難しいことではないでしょう。

2.2 自分のラウンド記録を残す

scorecard-example1

90を切るための5つの秘策 |Golf Life

 

スコアアップにつなげるためには、自分のラウンド記録を残しておくよいです。

後で記録を読み返していくことで、客観的に自分を分析することができます。

特に、ミスしたショットを記録しておくことが重要。

ゴルファーのミスには一定の癖があることが多いので、記録しておくことでその癖に気づきやすくなります。

自分のプレーを分析すると多くのことに気づくことができます。

例えば、「思い切り飛ばすとスライスになる」「登りの傾斜でミスすることが多い」「アプローチが右に出てしまう」など。

人それぞれミスしやすいポイントがあるので、記録をしてミスの傾向と分析をし、練習にいかすようにしましょう。

2.3 コース攻略の考え方を知る

stratege

コース攻略の考え方を知ることで、スコア90を切るという目標をクリアできる可能性が高くなります。

とはいえ、スコアという目標を意識するのではなく、ボギーオンを増やすという目標をクリアすることに専念することが、結果的にスコア90を切るためのコツ。

18ホール中15ホール以上のボギーオンを目指しましょう。

例えば、テーショットで50ヤードしか飛ばなかったとしても、セーフゾーンにいればボギーオンが可能。

コース攻略ができるようになれば、ボギーオンが増え、パーパットを打つ機会が増えていきます。

つまり、ボギーオンを意識してラウンドをすることで、少しずつ状況判断力がついてくるのです。

ボギーオンを1ラウンドで何回出来たかをカウントしてみましょう。

2.4 ドライバーはあえて使わないクラブセッティング

scorecard-example1

GLOIRE F2 |Amazon

ドライバーは、当たれば飛距離がアップしますが、逆に打ち損じてチョロになったり、左右に曲がってOBや池ポチャや原氏に打ち込んでしまう可能性が高くなります。

90がなかなか切れないのであれば、ティショットでドライバーを使わないというだけでスコアアップが可能です。

クラブセッティングのポイントは、「ドライバー、ミスが出やすいクラブ、苦手なクラブを抜くこと」。

例えば、バンカーショットが苦手ならSWを抜いたり、ロングアイアンやミドルアイアンが苦手なら、苦手な番手を抜きましょう。そうすることでミスショットが減り、スコアをアップできます。

2.5 アイアンは飛距離性能で選ぶ

ian01

MP-15アイアン |mizuno

アイアンは、軟鉄を使って鍛造製法で作られているので、売ったときに手に伝わる感触が柔らかいことが特徴。

そういったアイアンならではの売ったときの感覚にこだわって選ぶのも良いでしょう。

一方で、ライバルよりも飛ばしたいと思うのであれば、飛距離性能で選ぶというのもおすすめです。

アイアンの飛距離を伸ばすことで、遠い距離を打つことがより簡単になります。

しかし短い距離を打つクラブが少なくなるので、ウェッジを追加するということも検討しましょう。

3. 90切りしたい人におすすめのゴルフスクール

3.1 ゴルフパフォーマンス

rizap

Golf Performance |Golf Performance

ゴルフパフォーマンスでは事前のヒアリングや、レッスンを進める中で話し合いを重ねて、一人ひとりの目標達成に合わせてカスタマイズ可能です。

完全個室マンツーマンだから出来る質の高い練習で、コーチと二人三脚で目標を達成を目指せる密度の濃いレッスンとなっています。

⇒⇒Golf Performanceの公式ページはこちら

3.2 ライザップゴルフ

rizap

RIZAP-GOLF |RIZAP-GOLF

 

ライザップゴルフは、専属トレーナーがマンツーマンで指導し、苦手を完全分析してくれます。

週2回×50分のレッスンでは、専属トレーナーが完全個室の中でマンツーマンでサポートしてくれるので、集中してトレーニングをすることが可能です。

高性能シミュレーターにより、コース上で起こりうるさまざまな状況を再現。

インドアスクールでありながら、実践的なトレーニングを行えます。

⇒⇒RIZAP-GOLFの公式ページはこちら

3.3 ゴルフテック

rizap

GOLFETC |GOLFETC by GDO

アメリカ発のゴルフテックは、全米ゴルフレッスン市場25%を締めているゴルフスクール。

最新システムと認定コーチによるハイテクレッスンが魅力で、すべて個室の打席でマンツーマンレッスンをします。

どの打席(ベイ)にも同じシステム環境が整っており、認定コーチから濃いレッスンを受けられるということも魅力です。

レッスン→セルフトレーニング→アウトドアレッスン→目標設定→レッスンという流れを繰り返していき、目標を達成できたら次の目標を再設定するというトレーニング方法で進めていきます。

ゴルフテックが気になるのであれば、まずは初回スイング診断でレッスンを体験してみましょう。

⇒⇒GOLFETCの公式ページはこちら

3.4 ツーサムゴルフスタジオ

TWOAOME

TWOAOME GOLF STUDIO |TWOAOME

ツーサムゴルフスタジオはマンツーマンレッスンのパイオニアで、スイング習得に最適なインドアレッスンです。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

一人一人のレベルに合わせてレッスンしてくれて、レッスンの質の違いを実感することができます。

また、すべてのレッスンでビデオ診断してくれるので、何がどのように変わったのかを理解できるというのもメリットです。

年会費や月額費なしの回数券制だということも特徴的。

好きな時に好きなだけレッスンを受けることができるので、定期的なレッスンを受ける時間のない忙しいビジネスマンに最適です。



⇒⇒TWOAOMEの公式ページはこちら

4. まとめ

ゴルフで90切りを達成するためには、練習のコツやポイントを抑えることが大切です。

練習量を増やすことも大切ですが、課題を見つけて取り組むなど、練習の質を高めていくことを心がけましょう。

自分だけで練習することに限界を感じたのであれば、ゴルフスクールに通うという手段もあります。

特に、マンツーマンでレッスンできるゴルフスクールであれば、より質の高いレッスンを受けることができ、上達するスピードも速くなるのでおすすめです。

練習の質を高めて念願の90切りを目指しましょう。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中