糸巻きボールとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

糸巻きボールとは

糸巻きボールとは、ゴルフボールの芯に糸を巻いて作られているゴルフボールの総称です。

糸巻きボールは、一昔前のものであり、現在ではほとんど目にする機会がありません。糸巻きボールは、1899年にアメリカ人のコーバン・ハスケル氏によって開発されました。当時としては非常に性能が高く、それまでのボールよりも大幅に飛距離が伸びました。

ですが、スピンがかかりすぎること、さらに耐久性の高いボールが誕生したことにより、姿を消しました。アイアンでトップすると、割れてしまうということも頻繁にあったようです。

wound-ball1.1

参照 |芝ガールパーゴルフ

糸巻きボールに変わり、現在のほとんどのボールはゴムなどから出来た核を、ウレタンなどで覆われたものになっています。さらに近年、ゴムに変わる核として、「レジン」という樹脂が使われ始めました。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中