黄色杭とは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

黄色杭とは

コース内に、黄色の杭が刺さっている場合があります。これは、「ウォーターハザード」を表示するための杭です。黄色杭と併せて、黄色の線で表示されることもあります。

ちなみに、赤色の杭は「ラテラルウォーターハザード」、白杭は「OB」、青杭は「修理地」を表しています。それぞれの杭の意味を覚えておきましょう。

ウォーターハザードの境界は、黄色杭の外側(コース側)同士を結んだ仮想のラインとなり、杭自体はハザード内にあるとみなされます。線がある場合には、その線の外側が境界となり、線そのものもハザード内にあるということになります。

yellow-stake

この境界上に少しでもボールが触れていれば、そのボールはウォーターハザード内にあるとみなされ、ウォーターハザードでのルールが適用されます。

ウォーターハザード内に入ってしまった時の処置法は「ウォーターハザードとは」を参照して下さい。


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

さらに、ゴルフ上達のための動画を無料でプレゼント

ゴルフの学校をご覧いただいたあなたの上達のために、さらに役立つプロゴルファー小原大二郎のゴルフ上達特別動画を無料でプレゼント中です。小原プロは、5,000名を超えるアマチュアゴルファーをレッスン、500名以上のシングルプレーヤーを排出。この動画を見ていただくことで、あなたも簡単に上達することができるでしょう


この動画で学べる3つのポイント

・初心者でも30日で100が切れる丁寧なビデオレッスン
・すぐに家でもできる簡単な練習法
・5分でまっすぐ飛ばせる上達の秘密とは?


この動画レッスンを、あなたの上達に役立てて下さい。


動画はこちらをクリック

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中