イップスとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

イップスとは

イップスとは、主にショートパットを打つときなどに、一時的に極度の緊張状態に陥り、スムーズなパッティングができなくなるという「病気」にも似た症状のことです。これがあまりにもひどいと、「イップス病」と言われることもあります。

同じような症状は、ショートパット以外のときにも起こり、「アプローチイップス」「ダウンスイングイップス」と呼ばれるものもあります。

イップスの原因はいくつか考えられ、未だ正確には明らかになっていませんが、「トラウマ」はその原因の代表的なものと考えられています。

「同伴者に自分のプレーをバカにされた」「入って当たり前のパットを何度も失敗した」、こうしたものがトラウマとなり、再び同じ場面に遭遇すると、極度の緊張状態に陥ってしまい、失敗してしまいます。

ゴルフ歴の長い、熟練ゴルファーほど発症することが多く、一流のプロゴルファーでも発症することがあります。失敗したことがイップスの原因となっている場合には、それを受け入れて、乗り越えていく必要があります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中