ゴルフのミスを無くす!知っておくべきミスショット対策5つ

ラウンドを回る際、スイングは意識していらっしゃいますか?

スイングは、たとえプロでも何度も工夫を重ねるもので、全てのゴルファーにとって常に改善が求められるものです。それだけに、スイングをいかに自分に適した状態にするかがポイントになってきます。

そこでこのページでは、ゴルフのスイングについて、自分に適したスイングが出来るようになるための押さえておきたい

  • スイングの軌道
  • アドレス・スタンス
  • 身体パーツごとの使い方
  • ダウンブロー(ダウンスイング)
  • スイングリズム

の5つを詳しくご紹介していきます。

このページでご紹介していることが実践されると、ターフがキレイに取れるスイングで、思うがままにボールを飛ばす技術を習得することができます。

一つ一つ習得していき、あなたにとってのベストなスイングを実現させていきましょう。

step:01正しいスイングの軌道を押さえる

まずは”インサイドイン”と呼ばれる正しいスイングの軌道を確認して、基本を押さえた練習をしましょう。スイングの軌道が正しくないと、スライスやフックといったミスが起こりがちです。姿勢の改善などで、軌道をより正しいものにしましょう。

step:02アドレス・スタンスを磨こう

正しいスイング軌道と基本を押さえたら、次はスタンスとアドレスを磨きましょう。

アドレスはクラブをボールの直前直後の地面につけること。スタンスはボールを打つ準備をするために足の位置を決めることを指しますが、両方ともスイングでまず最初の動作となるもので、この最初の動作でその後のスイングが決まってしまう重要なプレーです。

下記を参考に、アドレスとスタンスを確実なものにしていきましょう。

step:03スイングでの身体の使い方を意識する

アドレス・スタンスがしっかり出来上がったら、次は手首や肘などスイング中の身体のパーツごとの使い方を意識して練習しましょう。パーツごとおさらいしていくことで、より理想的なスイングに近づきやすくなります。

・手首の使い方

・両手の使い方

・脇から肘にかけての使い方

step:04ダウンブローを徹底する

各パーツの動きを覚えたら、ダウンブロー(ダウンスイング)を徹底できるようにしましょう。

ダウンブローとは、下の画像のようにボールの下をクラブヘッドの軌道がボールの下を通ることを指し、ボールの下からクラブヘッドを入れることでボールにバックスピンがかかり、ボールが落ちた地点でキレイに止まるようになります。

ダウンブロー
ドライバーショットの場合は、ボールがティーに乗っているので、地面に付くことはなくボールの下を叩く(アッパーブロー)ようにすると良いです。

以下では、このダウンブローについての練習方法を、詳しくご紹介しています。

step:05スイングリズムを整える

最後に、工夫でスコアやスイングを改善する方法をご紹介します。スイングを改善する工夫とは”スイングのリズム”です。

人によって自分に適したリズムは異なりますが、スイングは自分に適したリズムで行うと安定しやすくなります。下記では、自分に適したリズムの見つけ方をご紹介しています。





「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中