ゴルフスイング初心者マークゴルフスイングの基本を初心者でも簡単にマスター出来る5ステップ

ゴルフの基本中の基本「スイング」基本が一番大事であり、難しいということはゴルファーの皆様ならご存知だと思います。
スイングは、たとえプロでも何度も工夫を重ねるもので、全てのゴルファーにとって常に改善が求められるものです。それだけに、スイングをいかに自分に適した状態にするかがポイントになってきます。
そこでこのページでは、自分に適したゴルフスイングが出来るようになる為に、押さえるべき5つの基本的なポイント

スイングの軌道・アドレス・スタンス・身体全身の使い方・ダウンブロー(ダウンスイング)・スイングリズム

について、詳しくご紹介していきます。

このページでご紹介している事を実践すると、スイングの悩みである「切り返し」が上達するだけでなく、
誰から見てもかっこいいと思われるスイングで、思うがままにボールを飛ばす技術を習得することができます。

一つ一つ習得していき、あなたにとってのベストなスイングを実現していきましょう。

ゴルフスイングで覚えておきたい基本の知識

  • 【ゴルフスイングの基本知識①】グリップの基本が出来るようになってからスイングに移る
  • 【ゴルフスイングの基本知識②】綺麗なスイングは、正しいアドレス(構え方)から生まれる
  • 【ゴルフスイングの基本知識③】基本的なスイングを覚えたら、自己流のスイングを作る(リラックスして打てるスイング)
  • 【ゴルフスイングの基本知識④】スイングでスランプに陥ったら、ハーフスイングで基礎練習をし直す

↓各種画像をクリックすることで該当のステップへ飛ぶことが出来ます。

【ゴルフスイング】step:01正しいスイングの軌道を押さえる

まずは“インサイドイン”と呼ばれる正しいスイングの軌道を確認して、基本を押さえた練習をしましょう。スイングの軌道が正しくないと、スライスやフックといったミスが起こりがちです。姿勢の改善などで、軌道をより正しいものにしましょう。
プロゴルファー 小原大二郎
正しいスイングを身に付けることは、ゴルフにおいて軸となります。そのため、焦らず1歩ずつスイングを固めていきましょう。

以下の動画では、最短で正しいスイングを習得する方法をご紹介しています。ご自身のスイング映像と動画のスイング映像の
フォームを見比べながらスイング姿勢の修正をしていきましょう。

【ゴルフスイング】step:02アドレス・スタンスを磨こう

正しいスイング軌道と基本を押さえたら、次はスタンスとアドレスを磨きましょう。
アドレスはクラブをボールの直前直後の地面につけること。スタンスはボールを打つ準備をするために足の位置を決めることを指しますが、両方ともスイングでまず最初の動作となるもので、この最初の動作でその後のスイングが決まってしまう重要なプレーです。
下記を参考に、アドレスとスタンスを確実なものにしていきましょう。
プロゴルファー 小原大二郎
ボールをしっかり捉えるには、構え(アドレス)が重要です。アドレスが上手ければ、初心者でも真っ直ぐ飛ぶ可能性が高くなります。

以下の動画では、ゴルフスイングのスタート地点でもあるアドレスの取り方を徹底解説しています。
正しいアドレスの取り方を学んで軸が綺麗なゴルフスイングを実現しましょう。

【ゴルフスイング】step:03スイングでの身体の使い方を意識する

アドレス・スタンスがしっかり出来上がったら、次は手首や肘などスイング中の身体のパーツごとの使い方を意識して練習しましょう。パーツごとにおさらいしていくことで、より理想的なスイングに近づきやすくなります。

・手首の使い方

・両手の使い方

・脇から肘にかけての使い方

【ゴルフスイング】step:04ダウンブローを徹底する

各パーツの動きを覚えたら、ダウンブロー(ダウンスイング)を徹底できるようにしましょう。

ダウンブローとは、下の画像のようにボールの下をクラブヘッドの軌道がボールの下を通ることを指し、ボールの下からクラブヘッドを入れることでボールにバックスピンがかかり、ボールが落ちた地点でキレイに止まるようになります。
ダウンブロー
ドライバーショットの場合は、ボールがティーに乗っているので、地面に付くことはなくボールの下を叩く(アッパーブロー)ようにすると良いです。
以下では、このダウンブローについての練習方法を、詳しくご紹介しています。

【ゴルフスイング】step:05スイングリズムを整える

最後に、ある工夫を行う事で、スコアやスイングを改善する方法をご紹介します。スイングを改善するある工夫とは“スイングのリズム”です。
人によって異なりますが、スイングは自分に適したリズムで行うと安定しやすくなります。下記では、自分に適したリズムの見つけ方をご紹介しています。

最後にゴルフスイングの連続写真を載せておきます。仕事の合間や通勤時間などにイメージトレーニングとして使ってください。
何回も繰り返しイメージすることで、きっとあなたも綺麗なスイングが出来るようになるでしょう。

プロゴルファー 小原大二郎
ゴルフスイングにおいてイメトレは大切ですが、私が最も効果的だったのはやはり素振りになります。
正しい姿勢で反復練習することで、身体が自然と覚えていってくれます。

ゴルフスイング連続写真



ビジネスゾーン

ビジネスゾーン

   
ゴルフを練習しても
一向に上達しない人の特徴
ゴルフの学校_ゴルフライブ