芯とは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

芯とは

芯とは、ボールを打った時に最も飛距離が出るとされるヘッドのポイントのことをいいます。「スイートスポット」「スイートエリア」とも呼ばれます。

ゴルフ日記 やめられまへんな~

芯でボールを捉えることを「芯を食う」といいます。芯でショットすることが出来れば、フェースの反発力を最大限に使うことが出来るので、そのクラブでの最大飛距離を出すことが出来ます。逆に芯を大きく外してしまうと弾道に安定性が無かったり、飛距離が大幅に落ちたりします。

芯の位置はクラブによって異なります。簡単に出来る芯の探し方は、ヘッドにボールを当てて一番反発する部分を探す方法です。シャフトを手で持ちクラブフェースを上に向け、そこに一定の高さからボールを落として下さい。手への衝撃が少なく、最もボールが反発する部分が芯です。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中