コンパクションとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コンパクションとは

コンパクションとは、グリーンやフェアウェイなどの土壌がどれくらいの硬さなのかを表すために使われる尺度のことを言います。この値が大きくなるほど、地面は硬くなります。

コンパクションとは、地面からの反発の強さをバネで測る「コンパクションメーター(土壌硬度計)」という機械で計測します。通常のグリーンだと11~12が一般的で、プロの競技の場合には12~14が多いです。

compaction1

米子ゴルフ場がやばい!! |芝生カウンセラー 久保田一彦の芝生な毎日

コンパクションの大きい(硬い)地面だと、ボールが跳ねやすいためボールは止まりにくく、逆に小さい(柔らかい)地面だと、ボールが跳ねにくいためボールは止まりやすくなります。


 

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中