クォータースイングとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クォータースイングとは

クォータースイングとは、「スリークォーター」というスイングの方法の略称です。

スリークォーターとは「4分の3」ということを意味しており、普段のスイングを1だとすると、その4分の3の大きさのスイングで打つということをクォータースイングといいます。

クォータスイングの方法は人それぞれですが、最も一般的なのはトップの大きさを小さくするという方法です。フルスイングの時は、トップの際にゴルフクラブが地面と平行になるようにしますが、クォータースイングの時にはトップを肩のあたりまでに抑えます。

このスイングは、番手と番手の中間の距離を打ちたい時に便利です。


   
ゴルフで飛ばしたいなら!
新開発ゴルフボールZ3 SOFT
ゴルフの学校_ゴルフライブ