噛むとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

噛むとは

ゴルフにおける「噛む」とは、軽いダフりのことです。ダフりとは、ショットをした際に、クラブヘッドがボールよりも手前に入ってしまうことをいいます。

ラフからのショットの際に、グラス(芝)がクラブフェースとボールとの間に挟まってしまうことから、「噛む」と呼ばれています。

普通のダフリでは、ヘッドがショット前に芝や土に当たってしまって、直接ボールを打つことが出来ません。しかし、噛んだ時には、ボールのすぐ手前の芝や土にヘッドが当たりますが、直接ボールを打つことが出来るという点で違いがあります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中