キャッシュイン・パターとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

キャッシュイン・パターとは

キャッシュイン・パターとは、ヘッドの真ん中近くにシャフトを取り付けたパターのことです。その形状から、「T字パター」とも呼ばれています。

このパターを使うと、「ボールがよく入る=お金が稼げる」ということから、キャッシュイン・パターと呼ばれるようになったようです。

cash-in-putter1.1



ナイキゴルフ METHOD MOD90 |Amazon
リンクス TRANSAM |楽天市場



手の感覚がヘッドに直接伝わりやすいので、感覚を重視するという方に向いています。また、シャフトがヘッドの中心部分に取り付けられているので、フェースが開きにくいというメリットもあります。

最近ではキャッシュイン・パターほとんどなくなってきており、カマボコ型パターのほうが主流になってきています。


 
pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中