パターが上手く行かない人の共通点?これで平均2パット以下を実現!

main
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

練習をしても中々パターって上手くなりませんよね。

スコアアップのために、なんとか2パット以内に上がろうとしても緊張して引っ掛けたり、いざという時にミスが出て3パットがなくなりません。

3パットを叩いて、やってしまったなぁ…と落ち込んでいる内に次のティショットにも悪影響が出てしまったりして、目を当てられないゴルフになることも。

では、どうしてパターは中々上達しないのでしょうか?

練習が足らないから?
それともパターが合っていないから?

2016年の国内メジャーサロンパスレディスを優勝したレクシー・トンプソン選手が使用していたことで一気に火がついた「キュアパター」というパター。

cure02

まだ一般のゴルファーには知られていないかもしれませんが、利用者500名からアンケートを取った所、パット打数が減ったと回答した人がなんと93%もうこのパターを手放せない!普通のパターには戻れないという声が続々と寄せられています。

「ショートパットが改善され、かなりいい感じです。使っていると必ず同伴者からそのパター何!?って注目を浴びています」
「中級者の私でもこのパターを手放せなくなってしまいました。」
「妻と一緒に使っていますが、二人してスコアがぐっと改善しています。」

その独特な形状と性能で、このパターを手放せないキュアパター中毒者が多数生まれています。

ひと目見ただけで、同伴者からもびっくりされるその形状からは
想像も付かない性能をこのパターは秘めています。

最も大きなその特徴は、フェース面の「全面スイートスポット」。インパクト時のミスを最大限減らし、その直進性の高い転がりが高く評価されています。

パターが上手く行かないゴルファーの特徴を連続写真で分析した結果、こんな共通点があったそうです。

・距離感が合わない、オーバー、ショートが頻発

・方向性を間違える

・ミスショットで、左右にボールが曲がる

・芯を外して転がりが悪い

・パターなのにダフる、トップしてしまう

・ここぞ、という肝心な場面でミスが出る

いかがですか?たくさん当てはまってしまった人は要注意ですね。このミスの原因…それは、「パターの芯を外してしまっている」ということです。

putter03

実は、このパターの芯というのがやっかいで、パターのスイートスポットというのは、1.5cmほどしかなくこのスポットに毎回安定的に当てるためにはプロ並みの技術が必要なのです。

putter05

全面がスイートスポットのキュアパターは、パッティング成功率を飛躍的に向上させるのに役立っています。

しかもアマチュアゴルファーだけではありません。
その性能を、世界のプロゴルファー陣が認め始めています。

国内メジャーの2016サロンパスレディスを優勝したレクシー・トンプソン選手もキュアパターに魅せられたゴルファーの一人でした。

この「キュアパターRX5」を使用して見事優勝を果たしたのです。

twitter

「キュアパター」を使うことでストロークが安定、ミスパットを減らしてくれたそうです。

サロンパスレディスのツアー会場で名門の茨城ゴルフ倶楽部はベント芝の高速グリーンだったのですが、キュアパターに搭載されたウェイト調整機能を使って、「ツアー中に、ヘッドの重さを変更することで」高速グリーンに対応したそうです。

RX5スイート

例えば、「パターの芯を外すミス」でも、スイートスポットの広さがミスをカバー。今まで転がりが悪かったボールもしっかりとカップに向かって転がっていきます。

真っ直ぐ転がっていく、ということは、多少グリーンを読み違えたとしても大怪我せずに済みますし、距離感も毎回安定するので、パター自体が得意になっていくといことです。

また、パターが苦手な人の特徴として、パターがその人の身体に合っていないということもあります。

それは、それぞれのゴルファーが身長や腕の長さがそれぞれ違うからです。

今までのパターは、決められた長さ、決められたライ角のパターしかありませんでした。ショップの店員さんに聞いても、これしかないよ、と言われたり。

自分に何が合うのか?も分からずに使っていたかもしれません。

しかし、キュアパターではライ角と重量を自由に変更することができるので、あなたのストロークスタイルに合わせてキュアパター自体を合わせていくことが出来るのです。

putter02

それが、適切なストロークへとつながり、パット数を減らすことにつながるのです。

王道と呼ばれるようなスコッティ・キャメロンのピンパターや、オデッセイのツーボールパターとはその性能は全く異なります。キュアパターは、他のパターとくらべても簡単過ぎるくらいかもしれません。

しかし、一度簡単なパターを使ってしまえば、毎回パッティングが楽になるので、これまでの苦手意識だったり、無駄な努力というのが必要なくなります。だからこそ、今まで以上に自然に構えて、自然とパットを決めるという一つのルーティンを確立することができるでしょう。

その上で、このキュアパターはあなたの役に立つと思います。

実は、これを書いている私も元々は、某O社製のピンパターを使っていたのですが、ここ最近のラウンドでは

・3回連続でカップを行ったり来たり…

・1mのパットで緊張して大ダフリ…

・イップスかのように、アドレスで大緊張…

・パターで失敗するから、次のティショットも不調に…

そんな風に、パットでスコアを損してきました。

「本当にこのままでいいのか?」
「このパターで、今後上手くなれるのか?」と不安と疑問のラウンドでした。

毎回、ゴルフを終えた後に、満足できずに帰る日々。

「あいつに負けたくない・・・」と、絶望にも似た感情が続いていました。

あなたも、私のように
「パターがもっと決まれば、ゴルフはもっと楽しいのに」と感じたことはありませんか?

ところが、レクシー・トンプソン選手のサロンパスレディスでの活躍をテレビで見た「キュアパター」を手に入れ、私のパッティングが一変しました。

このパターを使う前は、3パットが1ラウンドで3,4回程度出ていたのがほぼなくなり、1パットも増え、、、

平均パット数がなんと、2.3から、1.9に改善。
平均スコアは105前後から、90台を出せるようになりました。

cure

キュアパターのおかげで、ゴルフのスコアが一気に向上。まさに、ゴルフの仕方さえも変わってしまいました(笑)

私だけではなく、たくさんの方が密かにこのキュアパターでスコアを伸ばしていっています。
これまで味わっていたパッティングでの悔しさがウソのように、ガシガシ決まる、快感とも呼べるパッティングと仲間からの驚きの声と賞賛

パターが安定するようになるので、グリーン周りのアプローチは余計、無理もしなくなりボギーオンさえできれば、遠くても良いという判断になりました。

シャンクや、ダフリトップと言ったミスも減りました。

img04

このキュアパターを使うことによって、

「安心して打てるようになり、打数も減った!!」

「気持ちに余裕ができた!!」

「3パットが減った!!」

「ゴルフが楽しくなった!」

と、大きな評判になっています。( >>詳しい「愛用者の声」はこちら 

また、今なら期間限定で豪華3大特典を受け取ることができます。
あなたのゴルフライフを豊かなものにするのに役立つでしょう。

>>キュアパターの詳細を確認する

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中