スティンプメーターとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スティンプメーターとは

スティンプメーターとは、グリーンの速さを測定する機械のことです。グリーンの速さとは、そのグリーン上で、ボールがどれだけ転がりやすいかを表すものです。

スティンプメーターは、溝のついた金属製のレールのようなものです。溝にボールを置いて、これを徐々に持ち上げていくと、ある一定の角度になったときにボールが転がり出します。そのときにボールが転がった距離を計測します。

stimpmeter1.1

USGA スティンプメーター |バロネスダイレクト(楽天市場)

グリーンの速さを計測する際には、まずグリーンの平らな場所を選定し、そこから2~4方向に転がした時の距離の平均値(フィート)を出します。一般的なグリーンでは、この値が8前後になり、7.5以下だと遅いグリーン、9.5以上だと速いグリーンとされています。プロのトーナメントでは10~11前後となり、マスターズでは13くらいになるとも言われています。

また、グリーンの速さを決める要素として「コンパクション」もあります。これは、地面の硬さを表す尺度です。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中