ゴルフで必要なホールインワン保険やお祝い事情を知っておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフ経験が長い人も、ゴルフを始めて間もない人も、一度はホールインワンを経験したいと思うものではないでしょうか。

ホールインワンの確率はゴルフに慣れている中上級のアマチュアであっても約12,000分の1程度、プロであっても約4,000分の1程度だと言われています。この数字だけをみても、ホールインワンを出すことがどれだけ難しいことなのかということがお分かりいただけると思います。

しかし、見事ホールインワンを出したとしても、ただ喜ぶだけではすまない事情が存在します。実は、ゴルフでホールインワンを出した暁には、ラウンドを周る際にお世話になったキャディさんや一緒にラウンドを周った仲間たちを食事に誘うなどのお礼をしないといけないという暗黙のルールが存在します。

そこで今回は、ホールインワン保険について、くわしくご紹介していきます。

いつ起こるかわからない突然のホールインワンに備えて、自分が出したときはもちろん、仲間がホールインワンを出したときのためにも、さまざまなホールインワン事情をみていきましょう。

この記事をざっくり言うと…
  • ホールインワン・アルバトロスのお祝いは、祝賀会や祝賀コンペなどを盛大にすることも。
  • こういった状況に備えて、ホールインワン・アルバトロス補償のついたゴルフ保険に事前に加入しておくことがおすすめです。
  • 一番のおすすめはホールインワン・アルバトロスの補償が1年間8,950円から受けられる三井住友海上のゴルファー保険
  • 三井住友海上のゴルファー保険であれば、ホールインワン・アルバトロス補償(Aコースを除きます。)だけでなく、ケガや事故はもちろん、ゴルフクラブの破損やゴルフ用品の盗難まで補償してくれます!

→三井住友海上ゴルフ保険の詳細はこちらから

【初心者】はじめてのラウンドデビューにおすすめ!

レディースゴルフクラブセット人気No.1!
大人気の長く使えるバッグ付きのクラブセット

→「ソレイル パッケージセット(ウィメンズ)」はこちらから

【中級者】飛ばしたい方におすすめ!

今話題のPARADYMシリーズ!
飛びと直進性、構えやすさがいま話題!

→「PARADYMシリーズ 」はこちらから

【定番】オデッセイのホワイトセット

パターで定評のあるホワイトセット。
距離感ぴったり、方向性が最高など高評価のパター

→「オデッセイホワイトセット」はこちらから

目次

1. ホールインワンでお祝いをする理由は
1.1. 幸運のお裾分けの意味合いがある
1.2. 不幸を招かないように厄除けのため

2. ホールインワンのお祝いは何をするのか
2.1. 祝賀会や祝賀コンペなどを盛大にすることも
2.2. 一般的には記念品の配布が多い

3. ホールインワン補償は必要か
3.1. 現状多くの人は保険に入っていない
3.2. 加入しておけば万が一に備えられる

4. ホールインワン補償の注意点
4.1. 第三者のホールインワン目撃情報が必要
4.2. お祝いの程度は保険会社と相談を

5. ホールインワンに備えるおすすめのゴルフ保険
5.1. 三井住友海上 ゴルファー保険

6. まとめ

1. ホールインワンでお祝いをする理由は

ゴルフでホールインワンが出た場合、その確率の低さから、自分だけでなく周囲と共に喜びを分かち合うことでしょう。

しかし、ただホールインワンを達成したことを喜んで済むということはなく、ゴルフにおける暗黙のルールにしたがって、キャディさんや仲間たちに対して「お礼」のようなことをしなければなりません。第1章ではホールインワンを達成した人がお祝いをする理由をご説明していきます。

1.1. 幸運のお裾分けの意味合いがある

ホールインワンは言うまでもなくめったに起こらない幸運な体験の一つですよね。

ホールインワンを打った人がお祝いをするのは、そのような幸運を自分だけがつかんでしまっては仲間たちに申し訳ないという日本人ならではの謙虚な気持ちを表しており、「幸運のお裾分け」という意味合いがあるといわれています。

1.2. 不幸を招かないように厄除けのため

先述のとおり、ホールインワンを出すということは貴重な幸運体験の一つです。

しかし、「すごい幸運のあとには不幸がくる」という考えから、今後の不幸を招かないための「厄除け」として、ホールインワンを達成した人がお祝いをするという意味合いもあるといわれています。

2. ホールインワンのお祝いは何をするのか

ホールインワンを出した場合のお祝いは日本において慣習としてされてきたものなので、その形は人によってさまざまです。第2章では、一般的によく行われているホールインワンのお祝い方法についてみていきましょう。

2.1. 祝賀会や祝賀コンペなどを盛大にすることも

ホールインワンを出したことに対するお祝いとして、ホールインワン記念に祝賀会や祝賀コンペなどを盛大に行うこともあります。

しかし、その参加人数や内容によっては、祝賀会に伴う費用が概ね50~100万円かかるといわれています。祝賀会を行う会場の規模によってはそれ以上の高額な出費となってしまうため、金銭面の打撃は少なからずあります。

2.2. 一般的には記念品の配布が多い

ホールインワンを出したことに対するお祝いとして、記念にゴルフ場に植樹したり、一緒にプレーした仲間の名前などが刻印されたゴルフボールやゴルフタオルを粗品として配ることもあります。

ホールインワン記念品今治タオル |エイジクラフト株式会社

しかし、オリジナルの記念品には少し費用がかかってしまうことに加えてゴルフのカジュアル化も進んでいるので、最近では費用も抑え、手軽に使えるプリペイドカードやお酒のような消耗品に変化しつつあるのが現状です。

ゴルフ・ホールインワン |NTTグループ LaCarte

しかし、今でも前述の祝賀会から祝賀コンペ、さらには植樹や記念品の贈呈まですべておこなう方もいらっしゃいますので、お祝いの形は各人のゴルフ事情や懐事情によるところが大きいです。

3. ホールインワン補償は必要か

ホールインワンを出すと、暗黙のルールに基づく祝賀会や粗品によって、予想外の出費となってしまう可能性が低くないでしょう。そんなときのために、ゴルファー保険には「ホールインワン補償」があります。

第3章では、ホールインワン補償とはどのような保険か、ホールインワン補償は必要なのかどうかについてご説明します。

3.1. 現状多くの人は保険に入っていない?

ホールインワンを出した場合、かなりの出費が予想されます。そのため、ホールインワンが出たとしてもあえて公表しないという方もいますが、同伴者が取引先など、同伴者との関係によってはそうはいかないこともあります。

そんなときのために、祝賀会などの諸費用から記念植樹に関わる費用などを保険でカバーしてくれる「ホールインワン保険」があります。しかし、めったに起こらないホールインワンに備えて保険に加入しているという人は少ないと思われます。

3.2. 加入しておけば万が一に備えられる

ホールインワン補償に加入しておけば、急なホールインワンが出た場合でも万が一に備えられます。

また、予めホールインワン補償に加入しておくことによって、ホールインワンを出してしまったらどうしようという心配をすることなくゴルフを楽しむことができるというメリットがあります。もちろん、急なホールインワンでお祝いせざるを得ない状況になったとしても、保険で対処できます。

4. ホールインワン補償の注意点

ホールインワンが起こったときでも安心できる「ホールインワン補償」ですが、保険金を請求するには、さまざまな条件が求められます。第4章ではホールインワン補償の注意点などをみていきましょう。

4.1. 第三者のホールインワン目撃情報が必要

ホールインワン保険を請求するには、ホールインワンに遭遇した第三者による目撃情報が必要なので注意が必要です。

一緒にプレーした仲間たちがいればいいだろうと安心されるかもしれませんが、同伴競技者に加えて同伴競技者以外の第三者の目撃も必要であり特にキャディさんのいないセルフプレーをしていた場合は保険金支払いの対象外となる場合もあります。

キャディさんがついていない、セルフプレーの場合にはホールインワンの瞬間を見ていたゴルフ場のスタッフや前後組のプレーヤー、造園業者などといった同伴競技者以外の第三者の目撃・署名などが必要になります。セルフプレーではなかなか証明が難しいことがお分かりいただけると思います。

ゴルフ場によっては「ホールインワン証明書」のようなものを発行してもらえますので、そちらに関してもキャディーさんかゴルフ場のスタッフに問い合わせるとよいでしょう。

4.2. お祝いの程度は保険会社と相談を

「ホールインワン補償に加入しているから盛大な祝ってもよいだろう」と安心してはいけません。

ホールインワン補償で支払われる保険金には限度があることに加え、その支払対象は各保険により決まっているので、それに応じてお祝いの程度や内容を調整する必要があります。

せっかくホールインワン補償に加入しているのに、盛大なお祝いをして赤字にならないように気をつけましょう。

5. ホールインワンに備えるおすすめのゴルフ保険

ホールインワン補償に加入したいけど、めったに起こらないホールインワンのために高い保険料を支払うことにはためらいがあるでしょう。しかし、近年では「ホールインワン補償」というよりも「ホールインワン・アルバトロス費用補償」としてゴルフ保険に含まれていることが一般的です。

第5章では、プレー前日でも加入可能であったり、保険料もリーズナブルで気軽に加入できるゴルフ保険をご紹介しましょう。

結論だけ先に申し上げると、一番のおすすめは、安心の三井住友系列で、年8,950円でホールインワン・アルバトロス補償から、ケガ・事故、ゴルフクラブの破損やゴルフ用品の盗難や紛失まで、しっかり補償してくれる、三井住友海上のゴルファー保険です。

5.1. 三井住友海上 ゴルファー保険

三井住友海上のゴルファー保険(ネットde保険@ごるふ)は、日本国内におけるホールインワン・アルバトロスの費用補償をしてくれるゴルフ保険です。(Aコースは除きます。)

ゴルファー保険 |三井住友海上

ゴルフ場内に限らず、練習場などにおける事故で自身が怪我をした場合や誰かに怪我をさせてしまったときの補償に対応しているほか、クラブなどのゴルフ用品の盗難に遭ったときにも保険がカバーしてくれるので、ゴルフによく行く人にはおすすめのゴルフ保険です。また、自宅の庭で練習の際に隣家のガラスを割ってしまったときなどの補償にも対応しています。

最安のコースの場合、保険料は年間2,620円とリーズナブルで、ホールインワン等の場合には年間8,950円の保険料で最高30万円補償されます。もっと補償を拡充させたいという場合、1年間13,200円で最高50万円まで補償されます。

→三井住友海上ゴルファー保険の詳細はこちらから

6. まとめ

ゴルフはただプレーするだけでもゴルフ場利用料やゴルフ用品などに費用がかかってしまうスポーツの一つです。さらに、万が一ホールインワンを出したときには、想定外の費用が必要になります。

せっかく喜ばしいホールインワンを達成したのに、そのあとの出費などを考えなければならないのは良い気分に水を差すようなものですよね。

いつ出るかわからない誰にでもチャンスのあるホールインワン。ホールインワンに対応したゴルフ保険に加入しておくなど、いつホールインワンを出してもよいように備えておきましょう。

どんな保険にしようか迷っている方は、まずは年間2,620円からご加入いただける三井住友海上のゴルファー保険に加入されることがおすすめです。

→三井住友海上ゴルファー保険の詳細はこちらから

[広告]実際に45万人が参考にしている、無料のゴルフメールマガジン、「ゴルフライブ」

【10年間で、約45万人が受講!】 無料で学べるゴルフメールマガジン「ゴルフライブ」

・ミスを減らしたいなら◯◯を感じとれ!

・練習場でのスイング練習でやってはいけないこと

・シャフトの硬さは人に見てもらう方が良い?

などなど。

ゴルファーであれば、一度は気になるこれらの話題を、12人のプロが動画授業付きのメールマガジンで徹底解説!

受講料は無料で受けられるので、ゴルファーに大人気!

10万部売れたゴルフ上達本を書いたプロゴルファーや、片山晋呉プロの元レッスンコーチ、ギアの専門家であるプロフィッターまで。

ゴルフに関わる様々のプロの声やコラムを、無料で直接聞くことができます。

>>>>無料で「ゴルフライブ」を読んでみる<<<<

無料でレッスンを受講することができます。

この記事を書いた人・株式会社ゴルフライブ

このサイトは保険の特徴をご説明したものです。詳細はパンフレットや申込画面をご覧ください。
【代理店・扱者】株式会社ゴルフライブ
       東京都千代田区神田東松下町41-1 H1O神田604
【引受保険会社】三井住友海上火災保険株式会社
承認番号 B23-902258 承認年月:2023年12月5日