ギブとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ギブとは

ギブとは、マッチプレー(打数ではなくホールの勝利数を競う)の時に、相手の次のパットを省略してカップインしたことにすることを言います。日本では、「OK」という言い方の方が一般的です。

ゴルフの「OKパット」で困ったことない? |マイベストプロ大阪・和歌山

どの位の距離になった時点でギブにすればいいのかは決められていませんが、多くの場合は、カップまでワングリップ(クラブのグリップ1本分)以内の長さまで近づいたら、ギブとする場合が多いようです。

ギブは、マッチプレーだけではなく、接待ゴルフやゴルフコンペで使われることが多いです。もし、同伴者に「ギブ!」と言われたら、お礼を述べてからボールを拾い上げましょう。

ギブは、マッチプレーでの正式な名称だと「コンシード(concede)」といい、「good」ともいいます。「OK」は日本だけで使われます。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中