ストロークとは

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストロークとは

ストロークとは、ボールを正しく打つ意志を持ってクラブを振る動作のことをいいます。ゴルフでは、ストローク数で競うのが一般的です。

ゴルフ規則では、ストロークは以下のように規定されています。

ストローク(Stroke)

「ストローク」とは球を打って動かすという意思を持って行われたクラブの前方への動きをいうが、クラブヘッドが球に届く前にプレーヤーがダウンスイングを自分の意思で途中で止めたときは、プレーヤーはストロークを行ったことにはならない。

ゴルフ規則 第2章 用語の定義

したがって、「ボールを打とう」と思ってスイングしたのにも関わらずクラブヘッドがボールに当たらなかった、いわゆる「空振り」の場合も、「ストローク」とみなされます。

逆に素振りをしようと思ってスイングをしたところ、クラブヘッドがボールに当たってしまったという場合は、「ボールを打とう」という意識がなかったので、ストロークをしたことにはなりません。ただし、インプレーのボールを動かしたことによる1打罰を受けて、リプレースする必要があります。

なお、ボールをクラブヘッドでかき寄せたり、押し出したり、あるいはすくいあげたりすることはストロークとはならず、違反行為となりますので注意しましょう。ペナルティの対象となります。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中