再現性アップ!ゴルフでの右膝の正しい使い方3つのポイント|レッスンプロが動画で解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはスイングをする際に、ご自身の「右膝」がどのように動いているのかご存知でしょうか?

中には「右膝の動きなんて意識したこともない」という方もいらっしゃるかもしれませんね。しかし、適切に右膝を使うことは正しく体重移動をする上で必要不可欠な要素です。

正しく右膝を使えるようになればゴルフでは重要な再現性の高いスイングが身につくほか、それによってミート率が上がり、結果としてスコアアップに繋がります。

プロゴルファー 小原大二郎
この記事ではスイング中における正しい右膝の使い方をはじめ、スイング中に右膝が伸びてしまっている場合の2つの原因とその改善方法についてご説明します。

以下に書かれていることを実践して、再現性の高いスイングを手に入れましょう。

実際に30万人が参考にしている、無料のゴルフメールマガジン、「ゴルフライブ」

【7年間で、約30万人が受講!】 無料で学べるゴルフメールマガジン「ゴルフライブ」

・ミスを減らしたいなら◯◯を感じとれ!

・練習場でのスイング練習でやってはいけないこと

・シャフトの硬さは人に見てもらう方が良い?

などなど。

ゴルファーであれば、一度は気になるこれらの話題を、12人のプロが動画授業付きのメールマガジンで徹底解説!

受講料は無料で受けられるので、ゴルファーに大人気!

10万部売れたゴルフ上達本を書いたプロゴルファーや、片山晋呉プロの元レッスンコーチ、ギアの専門家であるプロフィッターまで。

ゴルフに関わる様々のプロの声やコラムを、無料で直接聞くことができます。

>>>>無料で「ゴルフライブ」を読んでみる<<<<

無料でレッスンを受講することができます。

目次

1. ゴルフにおける右膝の正しい使い方3つのポイント
1.1. バックスイングのときは固定する
1.2. スイングの途中で角度を変えない
1.3. ダウンスイングでは左膝の方に送る

2. ゴルフスイングで右膝が伸びてしまう2つの原因
2.1. 頭を固定しすぎてしまっている
2.2. スイング軌道がV字になっている

3. プレー時に右膝が痛い場合の対処法
3.1. 股関節の柔軟性を高めるストレッチを行う
3.2. 関節痛に効く痛み止めを使う
3.3. 整体院に通って専門的な治療を受ける

4. まとめ

1. ゴルフにおける右膝の正しい使い方3つのポイント

動画でチェックしよう

スイングの流れに沿って、正しい右膝の使い方をチェックしていきましょう。

1.1. バックスイングのときは固定する

バックスイングの際には右膝を動かさないようにしてください。右膝が動きすぎてしまうと正しく体重移動ができなくなり、上下動の原因になります。

身体が不必要に上下動してしまうとクラブの軌道が安定しないため、ミスショットに繋がります。また、インパクト時に右に体重が残ってしまい、すくい打ちやダフリが出る可能性が高くなってしまうので注意が必要です。

バックスイングで右膝を固定するためには、右足の土踏まずで体重を受け止めることが大切です。土踏まずで体重を受け止めきれなければ身体の軸が流れる「スエー」となり、上下動の原因となるだけでなく、肩の捻転が浅くなったりしてしまいます。

もし、なかなか右足の土踏まずで体重を受け止めるイメージができないという方は、右足の下にバランスディスクを置いて練習するとよいでしょう。

プロゴルファー 小原大二郎
バランスディスクという不安定な土台の上であれば、自ずとバランスを崩すことなく、土踏まずで体重を受け止めながらスイングするようになります。

1.2. スイングの途中で角度を変えない

スイング中に右膝の角度を変えないようにしてください。右膝の角度が変わって膝が伸び上がったりすると上下動してしまいます。

上下動してしまうとスイング軌道が乱れ、ミート率の低下に繋がります。ミート率が低下すれば飛距離は落ちますし、自分が狙ったところにボールは飛ばないためスコア低下の原因にもなります。

右膝の角度が変わってしまうという方は先ほどと同様、右足の下にバランスディスクを置いてスイングすることをおすすめします。

プロゴルファー 小原大二郎
不安定な足場の上で右膝の角度が変わると大きく体勢を崩しますので、そうならないように注意しながらスイングしてください。

1.3. ダウンスイングでは左膝の方に送る

右膝を左膝の方に送りながらダウンスイングしましょう。腿と腿とを密着させるように意識しながら、右膝を送っていくようにしてください。

もし適切に右膝を送れなければ右足重心でインパクトすることになり、すくい打ちやダフリなどのミスが出る可能性が高いです。

そうならないように、ダウンスイングでは右膝を送ることを忘れないようにしてください。なお、「送る」というのは、左膝に右膝をひきつけていくような動きと考えていただければ問題ありません。

2. ゴルフスイングで右膝が伸びてしまう2つの原因

動画でチェックしよう

第2章ではスイング中に右膝が伸びてしまう場合の2つの原因をご説明します。右膝が伸びてしまう癖がついてしまっているという方は、以下を読んでその原因を明らかにしましょう。

2.1. 頭を固定しすぎてしまっている

スイング中に頭を動かさないように意識しすぎるあまり体重移動が正しくできていないと、スイング中に右膝が伸びてしまう可能性があります。

もちろん、スイング中に意識的に頭を動かすなど、大きく頭が移動するのは不適切です。しかし、頭を動かさないようにと意識しすぎるあまりスイングが不自然になるのもよくありません。

スイングをすると頭は多少左右に動くものです。それをむりやり抑えようとすると体重移動が正しくできませんし、捻転も不十分になってしまいます。

意識としては後頭部や背骨の位置を大きくずらさないようにする程度で構いません。

プロゴルファー 小原大二郎
バックスイングからダウンスイングにかけては顔の向きはやや右に向いても問題ありませんので、無理に頭を固定しようと意識するのはやめましょう。

2.2. スイング軌道がV字になっている

スイング軌道が上から打ち込むようなV字になっている場合、右膝が伸びてしまう可能性が高いです。上から打ち込んでしまうようなスイングだと、バックスイングの際に右膝が伸び上がるような動きになりやすいです。

理想的なスイングはU字を描くような滑らかなスイングです。

プロゴルファー 小原大二郎
滑らかなスイングであれば右膝が伸び上がるようなことはなく、右膝の角度を維持しながらスイングできます。

スイングのV軌道とU軌道を理解する |Golf Basic Lesson

【練習方法】

スイング軌道を滑らかにするには、ゴムボールを使った練習、いわゆる「ボディドリル」がおすすめです。練習の際にはよくおもちゃ屋さんで売られているような直径25cm程度のボールを用意してください。

ボールを両手で挟んだら、スタンス幅は肩幅を目安としてアドレスを取ります。ひじは曲げずに両肩と両腕とで三角形を作るようなイメージです。この状態で素振りをするようにスイングしてみてください。

イメージがつかめたら、そのままボールを前方に投げてみてください。

もし正しく体重移動ができていれば、目標に対してまっすぐボールを飛ばすことができます。

プロゴルファー 小原大二郎
一方で正しく体重移動ができていなければボールがよからぬ方向に飛んでしまったり、V字軌道の方であればボールが地面に叩きつけられるようにして飛びます。

身体を揺さぶるように体重移動をしながらボールを動かす練習をしてみてください。

3. プレー時に右膝が痛い場合の対処法

動画でチェックしよう

この記事をお読みの方の中には、プレー時に右膝が痛くなってしまったことのある方や、慢性的に痛みに悩まされているという方もいらっしゃるかと思います。

第3章では右膝の痛みに対処するための方法をご紹介します。

3.1. 股関節の柔軟性を高めるストレッチを行う

そもそも右膝が痛くなってしまう原因のひとつとして、股関節が硬いことが挙げられます。股関節が硬いとスイング時に右膝への負担が大きく、右膝を痛めることになります。

これを改善するには股関節の可動域を広げることが大切です。

股関節の可動域が少ないと、膝が外側に流れてしまうなどの影響が出ます。股関節そのために効果的なストレッチをご紹介します。

まず、クラブを支えのようにしてまっすぐ立ち、股関節を回すようにして右脚をぐるぐると動かします。

前回しと後ろ回しの両方をおこなってください。それぞれ5回ずつ程度回したあとは、同様に左脚も回します。

こうすることで、股関節の可動域を広げることができます。詳しくは以下の動画をご覧ください。

動画でチェックしよう

3.2. 関節痛に効く痛み止めを使う

もし股関節の柔軟性を高めるストレッチをおこなっても膝が痛む場合、あるいはおこなっている最中にも痛む場合には関節痛に効く痛み止めを使うことをおすすめします。

痛み止めによって痛みが治まっている場合にも無理は禁物です。無理をしない程度にストレッチなどを行い、徐々に股関節の柔軟性を高めながら症状を軽減させていきましょう。

3.3. 整体院に通って専門的な治療を受ける

痛み止めを使っても痛む場合には、整体院に足を運んで専門的な治療を受けることをおすすめします。

整体院の中にはゴルフに特化した整体や膝の痛み専門の整体をおこなっているところもありますので、必要に応じてそうした場所で治療を受けるとよいでしょう。

また、膝専門の外来やスポーツ専門治療、ゴルフ専門治療をおこなっている病院もありますので、こちらを検討されることもおすすめします。

4. まとめ

右膝を正しく使うことは正しく体重移動をするのに必要不可欠であり、ミート率アップに大きく貢献します。

また、普段から右膝に痛みを感じているのにもかかわらずそのままプレーを続ければ、さらに右膝を痛めてしまうだけではなく、膝が流れてしまうことでスイング軌道が不安定になってしまい、ミスショットに繋がります。

普段はあまり意識することのない「右膝」かもしれませんが、実はスイングに大きな影響を及ぼす重要なファクターのひとつであるということをお分かりいただけたでしょうか。

この記事を参考にして、これからの練習やプレーにおいてぜひ右膝の動き方にも意識を働かせるようにしてみてくださいね。

pc_cta_bnr_a


   
ゴルフを練習しても
一向に上達しない人の特徴
ゴルフの学校_ゴルフライブ