グースネックとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

グースネックとは

グースネックとは、ネック(ヘッドとシャフトの結合部)が”がちょう”の首のように曲がっているクラブのことをいいます。「オフセット」とも言われています。

グースネックのクラブは、右利きの場合、クラブのフェースがシャフトよりも右寄り、後方側に接続されています。

goose-neck1.1

テーラーメイド AEROBURNER アイアン |Amazon

このクラブは、重心が後方寄りになる上に、手の動きに対してヘッドが遅れてくる形になるので、ボールの捕まりがよいというメリットがあります。

ただし、コントロール性には欠けるので、弾道を打ち分ける上級者の方などには不向きなクラブになります。


   
ゴルフで飛ばしたいなら!
新開発ゴルフボールZ3 SOFT
ゴルフの学校_ゴルフライブ