糸巻きボールとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【初心者】はじめてのラウンドデビューにおすすめ!

レディースゴルフクラブセット人気No.1!
大人気の長く使えるバッグ付きのクラブセット

→「ソレイル パッケージセット(ウィメンズ)」はこちらから

【中級者】飛ばしたい方におすすめ!

今話題のPARADYMシリーズ!
飛びと直進性、構えやすさがいま話題!

→「PARADYMシリーズ 」はこちらから

【定番】オデッセイのホワイトセット

パターで定評のあるホワイトセット。
距離感ぴったり、方向性が最高など高評価のパター

→「オデッセイホワイトセット」はこちらから

糸巻きボールとは

糸巻きボールとは、ゴルフボールの芯に糸を巻いて作られているゴルフボールの総称です。

糸巻きボールは、一昔前のものであり、現在ではほとんど目にする機会がありません。糸巻きボールは、1899年にアメリカ人のコーバン・ハスケル氏によって開発されました。当時としては非常に性能が高く、それまでのボールよりも大幅に飛距離が伸びました。

ですが、スピンがかかりすぎること、さらに耐久性の高いボールが誕生したことにより、姿を消しました。アイアンでトップすると、割れてしまうということも頻繁にあったようです。

wound-ball1.1

参照 |芝ガールパーゴルフ

糸巻きボールに変わり、現在のほとんどのボールはゴムなどから出来た核を、ウレタンなどで覆われたものになっています。さらに近年、ゴムに変わる核として、「レジン」という樹脂が使われ始めました。


 
pc_cta_bnr_a