ペナルティを防ぐ!ゴルフでピックアップをしていい5場面

picup
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

皆さんは、「ピックアップ」をしてもいい場面を、きちんと理解していますか?そして、ピックアップをした時に、ボールを拭いていい時とだめな時があるのをご存知ですか?

「ピックアップ」とは、ボールを拾い上げることです。ゴルフでは、いつでもピックアップをしてもいいわけではなく、ピックアップできる場面がルールで定められています。また、ピックアップをした時にボールを拭いていいのかも、それぞれの状況に応じて定められています。

これを知らなければ、本来してはいけないところでピックアップをしてペナルティを受けてしまうかもしれませんし、拭いてもいい場面で拭きそびれて自分が損をしてしまうかもしれませんよね。

この記事では、ピックアップをしていい場面、そして正しいピックアップの仕方をご説明します。ペナルティを受けることがないよう、正しくピックアップできるようになりましょう。

目次

1. ピックアップとは?

2. ピックアップをしていい5つの場面
①アンプレヤブル・障害物等からの救済
②6インチプレース
③グリーン上
④自分のボールかチェック
⑤自分のボールが他のプレーヤーにとって邪魔なとき

3. まとめ

1. ピックアップとは?

「ピックアップ」とは、ボールを拾い上げることです。ゴルフの基本は「あるがまま」ですので、定められた状況・場所でしかボールをピックアップすることは出来ません。
ピックアップをする上で注意すべき点は、以下の3つです。

  • どんな状況・場所でピックアップするか
  • ピックアップをしたときにボールを拭けるか
  • どのようにボールを地面に戻すのか

ピックアップをするときには、この3つに注意して下さい。この処置を間違えれば、ペナルティを受けることはもちろん、同伴者の前で恥をかいてしまいます。

第2章では、以上の3つの注意点についてご説明します。

2. ピックアップをしていい5つの場面

ピックアップ可能な場面・場所は、大きく以下の5つに分けられます。

場面・場所 拭けるか 地面への戻し方
①アンプレヤブル・障害物等からの救済 拭ける ドロップ
②6インチプレース(ローカルルール) 普通は拭ける(ローカルルール次第) プレース
③グリーン上 拭ける リプレース
④自分のボールかチェック 拭けない(例外あり) リプレース
⑤自分のボールが他のプレーヤーにとって邪魔なとき 拭けない リプレース

それぞれの場面について説明する前に、重要な用語について確認しておきましょう。

ドロップ 真っ直ぐ立って腕を伸ばし、ボールを肩の高さから落とすこと
プレース ボールを置くこと
リプレース ボールを、元々そのボールがあった場所に置くこと

①アンプレヤブル・障害物等からの救済

アンプレヤブルや動かせない障害物、異常なグラウンド状態(修理地、カジュアルウォーター等)、スルーザグリーン上のピッチマークに埋まったボールなど、救済を受けるときはピックアップ可能です。この時は、ボールに付いた泥や草を取り、キレイに拭きあげることが出来ます。

こうした場合、救済のニヤレストポイントから1クラブレングス以内で、ホールに近づかない所にボールをドロップするという措置を取ります。なお、バンカー内にボールがある場合には、ボールはバンカー内にドロップしなければなりません。

救済のニヤレストポイントとは、

  • ボールの止まっている場所に最も近いコース上の場所
  • ホールに近づかない
  • その場所にボールを置くことで、ストロークをするときに、救済を受けようとしている状態による障害がなくなる場所

以上の条件をすべて満たす位置のことです。この位置から1クラブレングス以内にドロップして下さい。ドロップとは、まっすぐ立ち腕を伸ばして、ボールを肩の高さから落とすことです。ドロップした際にボールが2クラブレングス以上転がってしまったり、以上3つの条件を満たさない所に転がってしまった場合には再ドロップをします。再ドロップも失敗した場合には、再ドロップをした際にボールが最初に落ちた場所に、そのボールをプレース(=置くこと)して下さい。

drop1

ゴルフプレーの救済方法「ドロップ」は正しく!| マイベストプロ大阪・和歌山

 

なお、カート道からの救済を受けるときには注意が必要です。ボールから最も近い場所であっても、スタンスがカート道上になるのは避けましょう。例として、以下の図をご覧ください。紫や青の位置ではなく、黄の位置がニヤレストポイントとなります。

ニヤレストポイント2

②6インチプレース

スルーザグリーン6インチプレースの際には、ボールをピックアップし、プレースで地面に戻します。ピックアップした際、一般的にはボールを拭くことが出来ますが、ローカルルールによっては拭けない場合がありますので、プレーの前にルールを確認しておきましょう。

ちなみに、スルーザグリーン6インチプレースとは、自分にとって不利なところにボールが飛んでしまったときに、ボールから6インチ(15cm)以内でホールに近づかないところであれば、自由にボールをプレース出来るというローカルルールです。6インチプレースに関しては、「今さら聞けない最低限のスルーザグリーンでのルール5選」の第1章に書かれているので、こちらもご覧ください。

③グリーン上

グリーン上では、いつでもボールを自由に拾い上げて、拭くことができます。ただし、ボールが動いていたり、他の動いているボールの動きに影響を及ぼす可能性がある場合には、ピックアップすることが出来ません。

ボールは、ボールの真後ろ(長くても2インチ以内)にボールマーカーを置きマークをした上で、ピックアップをしてください。マークをしないでピックアップすると1打罰です。ピックアップをして拭いたボールは、必ずそのマークの場所にリプレース(元の位置に戻すこと)してください。

marker1

ボールマーカーの使い方は、「『センスがいいね』と言われるオシャレなゴルフマーカー8選」の第1章に記載されていますので、参考にして下さい。

④自分のボールかチェック

止まっているボールが自分のものか確認する場合は、罰無しでそのボールをピックアップすることが出来ます。ただし、ピックアップをする前に、必ず同伴者に「ボールをチェックするために拾います」と宣言しましょう。意志を伝えずにピックアップしてしまうと1打罰になります。

ボールをチェックするためにピックアップした場合は、原則ボールを拭くことは出来ません。ただし、泥などの汚れが邪魔で、自分のボールかを確認できない場合には、確認をするのに足る最低限の程度であればボールを拭くことが出来ます。なお、ボールをピックアップする際にはボールマーカーでマークをし、その場所にリプレースすることを忘れないようにしてください。

⑤自分のボールが他のプレーヤーにとって邪魔なとき

自分のボールが他のプレーヤーの邪魔になるときは、ボールが止まっており、そのプレーヤーに「ボールを移動させて」と依頼された場合に限って、ボールをピックアップすることが出来ます。

この場合は、グリーン上のボールをピックアップする場合を除き、一切ボールを拭くことが出来ません。ボールをピックアップする際にはマークをした上で、ボールに付いている草や泥などが落ちないように持ち上げて下さい。そして、草や泥が落ちないように注意をしながら、マーカーの所にリプレースして下さい。

もし、他のプレーヤーに依頼されていないにも関わらずボールを移動させてしまった場合には、1打罰になりますので注意しましょう。

3. まとめ

今回は、ピックアップをしてもいい場面を中心にご説明しました。たとえピックアップ出来ても、その時々の状況によってボールを拭けるのかどうか、ボールはドロップするのかプレースするのかなどに違いがあるということは、お分かり頂けたと思います。

以上で説明したことを頭に入れて、適切にピックアップできるようになりましょう!そうすれば、ペナルティを受けて、無駄に打数を重ねたり、損をすることはありません。


pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中