サンドボックスとは

eyecatch
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

サンドボックスとは

現在での「サンドボックス」とは、目土を入れる箱のことです。「目土箱」という言い方の方が一般的です。多くの場合、ティーインググラウンドの近くに設置されています。

MGone Golf School 伊豆大仁C.C.

伊豆大仁C.C. |MGone Golf School

ゴルフでは、自分が作ったディボット跡(ショットの際に地面をえぐって出来た跡)は自分で修復するのがマナーです。ディボット跡を修復する際には、出来た跡に「目土(めつち)」を入れて足で平らに均します。

目土を入れるための目土袋は、各ゴルフ場で貸してくれます。ゴルフカートにあらかじめ積んである場合も多いです。その目土袋の中に、サンドボックスに入っている目土を補給して下さい。

現在のサンドボックスは目土を入れるためのものですが、昔はティーアップ用の砂を入れるためのものでした。かつては今のようにティを使ってティーアップするのではなく、砂を湿らせて山を作り、その上にボールを乗せていました。それ用の砂を入れるのが元々のサンドボックスです。


 


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ゴルフの上達に関する情報はSNSでの購読が便利です。

関連している記事
「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法でを解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中