ティーペグとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ティーペグとは

ティーペグとは、ティーアップするために使う、プラスチックや木で出来た釘状の道具のことをいいます。ティーショットをする際には、このティーペグにボールを乗せて(ティーアップして)打つことが一般的です。単に「ティー」と呼ばれます。

まだ、スコア100が切れませんか?

練習を続けても、伸びない飛距離、上達しないスイング…。 実に7割のゴルファーは、100を切れていないそうです。 1万人のゴルファーが参考にした、スコア100の切り方とは… →くわしくはこちら

ティーペグは様々な長さのものが販売されており、使用するクラブの長さやヘッドの大きさに応じて選択します。最近では、長さを調整することの出来るティーペグも販売されています。

ダイヤ トマホークティーロング |Amazon



ゴルフ規則では、以下のように規定されており、このルールに違反してさえいなければどんなティーペグでも使うことが出来ます。



1 ティー(規則11)

ティーとは球を地面から高く置くためにデザインされた機器である。ティーは下記のようなものであってはならない。

  • 4インチ(101.6ミリメートル)を超えるもの。
  • プレーの線を示すことができるようにデザイン・製造されているもの。
  • 球の動きに不当に影響を与えるもの。
  • その他、ストロークをしたりプレーする上でプレーヤーの援助となるもの。

ゴルフ規則 付属規則IV 機器と他の携帯品


 
pc_cta_bnr_a

「ゴルフが上手くなるには何をしたらいいかわからない!」
この練習法で解決することができます。
無料レッスン動画プレゼント中