図解!ゴルフグリップの基本と正しい握り方

shutterstock_205590223
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ゴルファーはグリップを見ただけで腕前がわかる」と言われるほどグリップは大事なポイントです。

ゴルフグリップは、プレイヤーとクラブをつないでいる唯一の接点です。グリップが間違っていると、当然ボールも思ったように飛ばすことは出来ません。

グリップを直すだけで、ボールの曲がりが修正出来たり、飛距離アップが出来ます。

ここでは全くの初心者でも、自分に最適なゴルフグリップがわかり、実際に握れるようになる知識と方法を紹介します。

目次

1. なぜグリップが大事なのか

2. ゴルフ人生を決定する左手のグリップ
2.1. まっすぐ飛ばしたいならスクウェア
2.2. フェード系が打ちたいならストロング
2.3. ドロー系が打ちたいならウィーク

3. 握り方は筋力や指の長さで選ぼう
3.1. 筋力に自信がある人はオーバーラッピング
3.2. 筋力に自信がない人はインターロッキング
3.3. 特殊な握り方テンフィンガー(ベースボール)

4. 適切なグリップの長さ
4.1. 短く持つことのメリット
4.2. 長く持つことのメリット
4.3. クラブごとに長さを変えるべきか?

5. 中〜上級者が見直すべきポイント
5.1. 適切なグリップを握る強さ
5.2. ショートサムとロングサム

6. 番外編:パターのグリップの握り方

7. まとめ

1.なぜグリップが大事なのか

実は、ボールが曲がる原因のほとんどはグリップです。

グリップの握り方によって、インパクトの時のフェースの向き(=ゴルフクラブの打球面)に違いが生まれます。

フェースの向きによっては、下記のような曲がりが出やすくなります。

1

フェースが間違った方向を向いてボールに当たると、いくらスイングの軌道を修正しても、ボールが曲がったり、思い描いたとおりにボールを飛ばすことは出来ません。

いくら練習してもボールが曲がってしまったり、トップやダフりが出てしまうときは、最初にグリップを疑ってみましょう。

グリップを変えるだけで簡単にミスがなくなることはよくあります。

2. ゴルフ人生を決定する左手のグリップ

左手のグリップによって、その人の持ち球(=よく出やすい球筋)が決まります。

その左手のグリップには、3つの種類があります。

  • スクウェアグリップ
  • ストロンググリップ
  • ウィークグリップ

2

どのようにグリップを握るかによって、その後のゴルフ人生が大きく変わってしまうと言っても過言ではありません。

それぞれのグリップに、特徴がありますので、一つずつ解説していきましょう。

2.1. まっすぐ飛ばしたいならスクウェアグリップ

スクウェアグリップのメリットは、最も美しいスイングフォームが身に付くという点です。

3

ゴルフグリップは「必ずこのグリップでなければならない」というものはありません。

しかし、個性的なグリップをしていると、スイングもとても個性的なスイングをしなければ、ボールが真っすぐ飛ばないという現象が起きてきます。

綺麗なスイングフォームで、しっかりボールを飛ばしたい方はスクウェアグリップを選ぶようにしましょう。

正しいスクウェアグリップが身に付くと、持ち球はほとんど曲がらない、ストレートボールになります。

2.2. フェード系が打ちたいならストロンググリップ

ストロンググリップのメリットは、スライスが出にくくなり、飛距離が出しやすいという点です。

反対にデメリットは、ひっかけやチーピンが出やすいこと、正しいアームローテーションが身に付きにくいことです。

ストロンググリップは、別名フックグリップとも呼ばれます。図のように、構えた段階から自然にフェースが閉じた状態になります。そのため、スライスで悩んでいる方には効果的なグリップです。

4

また、フェースが閉じることにより、ロフト角が減ります。ロフト角が減るとバックスピンの量が減り、ボールが水平方向に飛ぶようになるため、飛距離も伸びるのです。

14

しかし、フェースを閉じることにより、ボールの捕まりが良くなりすぎて、引っかけやチーピンと呼ばれる球が出るようになります。

引っかけ=真っすぐ左にボールが飛んでいく球
チーピン=極端に左に曲がっていく球

すると、身体が自然とそれを避けるために、体を右側に開いたり、インサイドアウトの軌道を描くように振ってしまいがちです。これは本来の正しいアドレスとはかけ離れてしまいます。

15

また、スクウェアグリップでは、インパクトにむけて、フェースを閉じていくアームローテーションという動きが必要でしたが、最初からフェースを閉じているストロンググリップでは、その動きが不要になります。

アームローテーションをせずに、フェースを閉じた状態で打つと、自然とフェードボールという球が出やすくなります。

※フェードボール=打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の側へわずかに曲がること。

つまり、その人の持ち球(=よくでやすい球筋)がフェードボールになります。

2.3. ドロー系が打ちたいならウィークグリップ

ウィークグリップのメリットは、スライス系のボールが打てるという点です。

ウィークグリップでは構えた段階からフェースが開き気味になっているため、インパクトの瞬間もフェースが右を向いた形になり、スライスボールが出やすくなります。

どうしてもフックボールが出過ぎてしまう方は、試す価値があるでしょう。

5

しかし、ほとんどのアマチュアゴルファーがスライスボールに悩まされていることを考えると、自分のグリップがウィークグリップになっていないか?ということを疑うことも大切です。

ウィークグリップにすると、フェースが右にむやすくなるため、アームローテーションを積極的に行い、ボールを左に行かせようとします。

このことにより、持ち球がドローボールになりやすくなります。

※ドローボール=打球が落下直前に速度を失って、打者の利き腕の反対側へわずかに曲がること。

3つのグリップの握り方まとめ動画

動画でチェックしよう

3. 握り方は筋力や指の長さで選ぼう

グリップの握りかたは大きく分けて3種類です。

  • オーバーラッピング
  • インターロッキング
  • テンフィンガー(=ベースボール)

握りかたを選ぶ時は、筋力、指の長短、そして指のフィット感という3つの視点から選んでいきましょう。

3.1. 筋力に自信がある人はオーバーラッピング

オーバーラッピングは写真のように、右手の小指を人差し指と中指の間に乗せるグリップを指します。

もっとも基本的なグリップで、プロでも一番多いのがこのグリップです。

8

オーバーラッピングのメリットは、利き腕となっている右手の力を抑えることができるため、インパクトまでに力が分散しない左手主導のスイングがしやすい点、左サイドのタメが作れて飛距離が出やすいという点です。

また、フックで悩んでいる方にもおすすめのグリップです。

ですが、筋力のない女性やご年配の方には、右手の力が使いにくいため、逆に飛距離を落としたり、コントロールが難しいグリップとも言えます。また、指が短い人にとっても扱いづらいグリップです。

若い男性、筋力に自信がある方にはオススメのグリップです。

3.2. 筋力に自信がない人はインターロッキング

インターロッキングは写真のように、右手の小指を人差し指と絡めるグリップを指します。

オーバーラッピングに比べて右手の力を使いやすいため、アームローテーションしやすく、スライスに悩む方に有効なグリップです。

9

インターロッキングは「指がこすれて痛い」「マメができる」という理由で避ける人もいますが、慣れてくれば大丈夫です。

また、指を絡めることで、左右の手に一体感を感じられるのが一番いいところです。

非力な方、女性、年配の方、指の短い方におすすめのグリップです。

3.3. 特殊な握り方テンフィンガー(ベースボール)

インターロッキングは写真のように、野球のバットを持つようにクラブを持ちます。

名前の通り10本の指で握るため、一番力を入れやすく、非力な人にはメリットがあるグリップです。

10

右手も左手も同じように握るので、どちらの手をメインにしても振りやすいです。

また、ゴルフ特有の小指を重ねたり、絡めたりしない握り方なので、初心者の方には違和感が少ないでしょう。

しかし、プロでも使用者が少なく、あまり一般的ではないという点、また特殊なグリップになるので、スイングもそれに合せて不恰好になる可能性があります。

オーバーラッピングもインターロッキングも試して、それでもグリップを変えてみたい方は、一度試す価値があるでしょう。

4. 適切なグリップの長さ

グリップを短く持つとボールコントロールがしやすく、長く持つと飛距離が出やすくなります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

4.1. 短く持つことのメリット

短く持つことで、ボールコントロールがしやすくなり、普段の持ち方よりもボールの方向性が自然とよくなります。

11

また、短く持つと球の弾道が低くなって、ライナー性の低い直線的なボールが打ちやすくなります。

しかし、その一方で飛距離は出にくくなるはずです。

4.2. 長く持つことのメリット

長く持つことで、ボールの飛距離は出やすくなります。

12

一般的に1インチ長くするだけで5ヤード前後は飛距離が出ると言われています。

ただし、その分ボールは曲がりやすくなりますし、コントロールが難しくなります。

4.3. クラブごとにグリップの長さを変えるべきか?

結論から言うと、クラブごとにグリップの長さを変えない方が良いです。

丸山茂樹プロは、ウェッジでの距離のないショットを打つ場合、ストロングに持ったりウィークに持ったりすることがあるようです。

しかし、技術的にもまだ経験が浅い人は、逆にスイングがわからなくなってしまいますので、全て統一した長さで持つことを心がけましょう。

5. 中〜上級者が見直すべきポイント

100を切った中級者、シングルを目指している上級者の方は、もっと細かくグリップを追求していくことで、さらなるスコアアップが出来ます。

  • グリップを握る強さ
  • 親指の位置

ここでは上記の2点をチェックしていきましょう。逆に100を切っていないビギナーの方は、逆効果になりがちなので、まだ気にする必要はありません。

5.1. 適切なグリップを握る強さ

グリップの左右の手10 本の指を同じ強さに握るのが理想です。

同じ強さを意識しないと、利き腕のほうに力を入れ過ぎて、しまう可能性があります。

多くの方は右手が右腕が利き腕のため、左の中指、薬指、小指の力が弱くなりがちなので、この3本の指についてはしっかり持つことを意識しましょう。

13

10 本すべての指をバランスよく握ることで、スイング中のフェース面が安定してきます。

右手に力が入りすぎるとフェースの向きが崩れて、ボールが左に曲がりやすくなりますし、逆に左手が強くなりすぎると、右に曲がる原因を作りやすくなります。

適切な握る力は?

全体的な握りの強さとしては、男性なら握力の10分の3ぐらい、女性なら10分の5ぐらいにするのが理想でしょう。

5.2. ショートサムとロングサム

左手親指の形にはショートサムとロングサムというスタイルがあります。

左手の親指の形もスイングに影響を与えます。

ショートサム

ショートサムは親指を縮めるようにしてシャフトの上に添える形です。

6

ロングサムよりショートサムで握るゴルファーのほうが一般的です。

親指に力が入るため、スイング中、シャフトが暴れるのを防いでくれますし、クラブとの一体感を感じることができる握り方です。

ロングサム

ロングサムは左手親指をシャフトに沿って長くはわせるように握ります。

7

ジャンボ尾崎プロがロングサムでグリップしていたとき、飛距離アップにはロングサムといわれた時代もありましたが、最近はあまり見かけなくなりました。

「距離重視で行くならロング」「方向重視ならショート」「力のない人はショートサムの方が良い」という視点から変化させてみることも、効果的です。

6. 番外編:パターのグリップの握り方

パターは他のクラブとは握り方を変えた方が、安定したボールを打つことが出来ます。

パターのグリップの握り方に関しては、こちら記事を参照してください。

7. まとめ

何年もスライスやフックで悩んでいた人が、グリップを直しただけで簡単に治ってしまうケースはとても多いです。

またグリップを見つめ直して、修正することで、飛距離が40y以上アップすることも少なくありません。

ぜひこの記事を参考に、自分に合ったグリップを見つけていってください。


pc_cta_bnr_a

過去5万名を指導、プロゴルファー小原大二郎が
アマチュアゴルファー上達のための動画を用意しました。
無料レッスン動画プレゼント中