見栄晴と江連忠が教える!バンカーとドライバーショットでの正しいスタンスと素振りの重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「何よりも楽しんでゴルフがしたい!」という方や、「プロ顔負けのシングルで回りたい!」という方まで、幅広いゴルファーの方に向けてお送りしている「見栄晴・江連のノンフィクションゴルフ」今回は第17H〜19H(ラウンド後)までお送りします。

シングルを目指す方にも役立つ、理想のゴルフのスイング方法から、楽しむゴルフをされる方に向け、今すぐ実践できるワンポイントアドバイスまでを動画で解説していきます。

見栄晴・江連忠のノンフィクション・ゴルフとは

今回、お送りする見栄晴・江連忠のノンフィクションゴルフとは、プロゴルファーの江連忠プロと、タレントの見栄晴さんが、実際にゴルフコースを回る様子を、ノーカットでお送りするという特別番組です。

ノーカット版がYoutubeにアップされていますが、この記事では、中でも役に立ちそうな知識を抜粋してまとめてお送りします!

今回は、ラウンド第14Hから第16Hまで、お送りしていきます。

“タレント・見栄晴のプロフィール”

15才の時に、萩本欽一が主催した、ANB欽どこ新企画のオーディションをうけ、多数のライバルがいる中、じゃんけんで見事「萩本見栄晴」役に合格して以来、バラエティからドラマにと幅広く活動。

趣味はアマチュアとしての楽しむゴルフで、江連忠プロとは、テレビ番組で共演して以来の仲良し。

ゴルフのスコアはだいたい95くらいで回っている。

“プロゴルファー・江連忠のプロフィール”
アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得し、プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。
教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。
1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。

「見栄晴・江連忠のノンフィクション・ゴルフ」上野原カントリー 第17H

残り2ホールを残し、迎えたPar3の17番ホール。ショートホールでパーを取りたい見栄晴さん。

しかし、前ホールと少し時間が空いたせいか、一打目のティーショットからグリーン手前のバンカーにボールを入れてしまいます。

バンカーから、綺麗にボールを出してなるべくピンに寄せたい第二打目。

ここで江連さんから、やや遠いピンへのバンカーショットアドバイスを説明していただきました。

見栄晴
サンドで開かない。

江連忠
開かない!

見栄晴
開かない?
江連忠
うん、開いたら飛ばないからグリーンまで届かない。

江連忠
あと、足はクローズスタンスにした方がいいですよ。
見栄晴
え、ほんとに?
江連忠
そうじゃないと、飛ばないですからあそこまで。
見栄晴
それでボールの直前?
江連忠
そうです。もう砂をグリーンに届かせるくらい。

一発でバンカーからボールをだすには、足はクローズスタンスを意識しボールのすぐ手前を強く打ちましょう。

そうすることで、遠くのピンであってもボールを近づけることが可能になります。

「見栄晴・江連忠のノンフィクション・ゴルフ」上野原カントリー 第18H

最終ホール18番は江連さんでも難しいと語るPar4。

パーフィニッシュを目指して見栄晴さん第一打目を打ちます。

方向は良かったのですが、まさかのテンプラになってしまいました。。

飛距離が足りなく谷を越えないかもとハラハラしましたが、なんとか越えました。 

今後テンプラのようなミスが起こらないために、江連さんが見栄晴さんのスタンスを改善していきます。

江連忠
ちょっとクローズスタンスで。左は出さなくていいけど、右を下げる。
見栄晴
こう?
江連忠
そう!

江連忠
ぎゅーって左に曲げるイメージで打ってみて。この構えいいよ!

最初は、新しいスタンスに慣れていないため違和感を感じるかもしれません。

しかし、正しいスタンスを意識しながら打つことで、確実に飛距離と方向性が安定したドライバーショットが期待できます。

「見栄晴・江連忠のノンフィクション・ゴルフ」上野原カントリー 第19H(ラウンド後)

全てのホールが終わり、最終結果は49・48で目標の90切りは叶いませんでした。

しかし、ラウンド後の反省会で今後の改善点が見えてきました。

江連忠
アマチュアの人が何かを変えるとかじゃなくて、頭でこれなら届くかな、これは大きいなっていう幅は絶対持っているから。
見栄晴
うん。

江連忠
それをアプローチとパターだけはやってほしいんだよね。
見栄晴
うん。
江連忠
見栄晴さんのすごいいいところは、パターだけは必ずしっかり打ててる素振りをするわけ。
見栄晴
うん。

プレー中に、江連さんが見栄晴さんのパターをすごく褒めていました。

しっかりした素振りを行なっていたから、どこにどのくらいの距離で運べばいいのか想像がつきやすくパターの調子が良かったのでしょう。

パター同様にアプローチでもしっかりとした素振りをすることで距離感が掴めやすく、より一層安定したアプローチになると江連さんは語ります。

「見栄晴・江連忠のノンフィクション・ゴルフ」上野原カントリー 第17H〜第19Hまとめ

  • バンカーでは足をクローズスタンスにしボールのすぐ直前を打ちましょう。
  • クローズスタンスで肩を開かず、左にぎゅーっと曲げるイメージでドライバーショットを行なってみましょう。
  • パターとアプローチ前は必ず、頭の中でこのくらいの幅かなとイメージしながら素振りをしましょう。
   
ゴルフを練習しても
一向に上達しない人の特徴
ゴルフの学校_ザ・ビジネスゾーン